製品紹介

防水扉 ウォーターキーパー

自動作動が標準・起立が早い・水もれが少ない・外部動力が不要

起伏式 自動防水扉

近年、台風や集中豪雨などにより各地で浸水被害が多発しています。特に低地や地下空間の出入り口からの不意な浸水が多く、対策の必要性が意識されています。不意な増水にも対応が可能な自動防水扉のご採用を提案いたします。

特 徴

Point1 自動作動が標準装備
浸水を検知し窒素ガスの圧力で扉を自動で作動させます。扉は長時間にわたり固定され保持しますので不意な増水に対処できます。また、手動で操作することも出来ます。
Point2 動力内蔵
動力源を保持しているため停電時にも対応できます。また動力は無公害で小型の窒素ガスボンベを使用しています。
Point3 車輌、人が安全に通行可能
扉表面には段差が無く車輌、人の通行が可能です。扉表面は、ステンレス製縞鋼板でスリップを防止し、長年の風雨にも耐えます。
Point4 既設構造物にも容易に設置可能
多様な間口間隔にも柔軟に対応可能です。製作は扉全体を工場でユニット化し出荷しますので据付が容易です。

標準仕様

扉本体
止水高さ 0.6m(〜1.0m) 車輌荷重 T-6(耐荷重6Ton 4t車相当)
有効幅 3m〜7m※1
(設置現場に合わせて製作可能)
主要材質 扉:SUS304縞鋼板+SS400
戸当要部:SUS304
架台本体:SS400
※2
止水方式 3方ゴム水密
水圧方向 表側
漏水量 2.5ℓ/h/m² (社内測定値) 水密ゴム クロロプレン
動力源 窒素ボンベ1m³×1本 塗 装 戸当SS400部:タールエポキシ樹脂塗料
扉体裏面:タールエポキシ樹脂塗料
架台本体:タールエポキシ樹脂塗料
(SUS部及びコンクリート埋設部は除く)
操 作 自動又は手動操作
起立方式 空気シリンダによるリンク方式 起立時間 30〜60秒

※1 標準幅以外は、特注で対応可能
※2 全SUS製も製作可能
※製品の仕様変更などで予告なく変更される場合がありますがご了承ください。

自動起動センサ箱
寸 法 D160×W210×H350
材 質 SUS304
設 置 防水扉近傍側溝付近に埋込み
(地表面の出 h100)
動力制御盤
寸 法 D250×W1000×Htotal 1550(自立型の場合)
H1000(壁掛型の場合)
材 質 亜鉛メッキ鋼板
設 置 防水扉近傍側壁付近
警 報 起動時のブザー音
起立時のパトライト(電池電源) 

正面図 断面図

ページのトップへ